トピックス

2022/10/31

福島県西会津町との「地域連携に関する基本協定」締結式を行いました!

 2022年10月22日(土)、福島県西会津町と本学は、「地域連携に関する基本協定」を締結しました。この度の協定は、互いに協働し、活力ある個性的な地域の形成・発展と、教育研究活動等の推進を目的としています。

 

◇内容

・安座自治区のおとめゆりの保護

・地域の活性化

・人材の育成

・SDGsの普及啓発

・大学における研究発表

・情報発信

・その他、双方が協議して必要と認める事項

 

 本学で行われた締結式では、福島県西会津町の薄 友喜町長と本学の桾沢栄一学長が署名を交わしました。協定書に使われたのは西会津特産の出ヶ原和紙。この日のために特別に漉かれた上質な和紙に、連携の証が丁寧に記されていきました。

 司会進行や運営のサポート役を務めたのは、これまでの現地研修などで西会津町の皆様と交流を重ねてきた森川専門ゼミ(エアライン)の学生たちです。西会津町キャラクターの「こゆりちゃん」も登場し、温かい祝福の中、新たな連携がスタートしました。

 締結式終了後には、薄町長をはじめ、西会津町の皆様も森川専門ゼミの中間発表をご参観くださいました。半年間の取り組みに対し、西会津の皆様からもご講評をいただきました。

 西会津町には、2015年より森川専門ゼミの学生たちが研修に伺い、絶滅危惧種であるオトメユリの保護活動の一環として、萱刈りをお手伝いしました。また、2018年には、学生の呼びかけでクラウドファンディング企画も実施。オトメユリ群生地までの老朽化した階段を整備することができました。さらに、西会津町の規格外野菜を使ったメニュー企画による「学食プロジェクト」は、全学生に対するSDGs活動の啓発にも繋がっています。

 西会津の皆様との間では、こうした様々なかたちで連携・協働してまいりました。今後も、学生ならではの視点と行動力を活かし、西会津町の個性的な地域づくりに取り組んでまいります。

撮影時のみマスクを外しています。撮影時のみマスクを外しています。