トピックス

2021/01/27

「はやぶさ2」×2013年度マナホス履修生の宇宙旅

2020年12月6日に小惑星探査機「はやぶさ2」のカプセルが

無事地球に帰還したことは皆さんもご存じと思います。

実はあのカプセルには2013年度のマナホス履修生301名と

担当教員4名の氏名も乗っていたのです。

 

ちょうど7年前、

私たちは「星の王子さまに会いに行きませんかミリオンキャンペーン2」に応募しました。

このキャンペーンこそ、「はやぶさ2」と私たちの壮大な宇宙の旅の入り口でした。

写真1 登録IDの案内文書写真1 登録IDの案内文書

2014年12月3日に地球を出発した「はやぶさ2」は

2018年6月27日に小惑星に到着、

その後小惑星1999JU3、リュウグウの砂を持ち帰るという

画期的なミッションを成功させました。

約46億年前に誕生した惑星の砂を調べることにより

太陽系の成り立ちや生命の神秘に迫ることができるのだそうです。

まもなくその研究成果が発表されると思います。

 

そして遂に2020年12月6日、オーストラリアの大平原にカプセルを落とし、

「はやぶさ2」はそのまま更なるミッション達成のため再度宇宙の旅にでました。

写真2 はやぶさ2 再突入カプセル写真2 はやぶさ2 再突入カプセル

この度、かつてのSAIJO生301名と教員4名も

「はやぶさ2」とともに宇宙を旅したことが証明されました。

ほんの小さな1センチ足らずのメモリーチップに書かれていたそうですが、

私たちは深く感動するとともに「はやぶさ2」の偉業に思いを馳せています。

 

JAXAのメンバーの皆さんのご精励に心服するとともに

今回のキャンペーンに参加させていただいたことに御礼申し上げます。

 

この記事は宇宙航空研究機構(JAXA)広報室より掲載許可を頂いております。

写真3 はやぶさ2 メモリーチップ写真3 はやぶさ2 メモリーチップ