トピックス

2020/07/17

【在学生及び保護者の皆様】埼玉女子短期大学の学費に関する考え方について

在学生のみなさん、並びに保護者の皆様へ

 

 平素より本学の教育研究活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、いまだ終息の兆しが見えない日々が続いています。皆様におかれましては、毎日不安を感じながら過ごしておられることと、心よりお見舞い申し上げます。

 現在、本学ではオンライン授業と対面授業を併行して実施しておりますが、一部の在学生並びに保護者の方々より、学費につきまして、返還あるいは減額の有無について、ご質問を寄せていただいております。そこで、埼玉女子短期大学の学費に関する考え方につきましてお伝えいたします。

 

学費に関する考え方につきまして

1.本学の学費は2年間の「短期大学士」の学位を取得する教育に対して、必要とされる学費の総額を年ごとに分けて納入いただいているもので、科目ごとあるいは月割り、一日きざみで割ることのできる仕組みではありません。教育の成果については、卒業までの期間として判断していただきたいと思います。

2.施設費は施設利用料と理解されがちですが、そうではなく、主に施設設備の拡充、既存施設設備や学内環境(植栽・グラウンド等)の維持管理、そのほか現在さらに将来にわたって学内における学習環境の整備充実に必要な費用として納付いただいています。もちろん、今回対応したオンライン授業に係るICT環境の拡充整備も施設費から充当されています。

3.今年度新たに入学した皆さんも、卒業していく在学生も、本学が築いてきた伝統と実績の恩恵を受けながら修学し卒業していきます。学費はそうした将来を見据えた実績を積み重ねていくためのものであり、多くの卒業生たちからもたらされた蓄積に支えられていると考えております。

したがいまして、上記の理由により、現時点では学費の返還、減額は考えておりません。つきましては、皆様のご理解を賜りますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。

末筆になりましたが、今回の新型コロナウイルス禍においては、感染しないこと、そして自分たちが感染源にならないことがなによりも重要です。皆様ご自身、どうか健康に留意され、今回のコロナウイルス禍を皆で乗り越えることができることを願っております。

 

2020年7月

埼玉女子短期大学

学長 桾沢 栄一