教員紹介

設楽 佳世

<所属>商学科  <職名>講師

担当科目
  • スポーツ実習A・B・C
  • 健康と生活
  • 身体表現とコミュニケーション
  • 基礎ゼミⅠ・Ⅱ
専門分野
  • スポーツ科学
  • 生体ダイナミクス
過去3年間の研究活動 [論文]
  • 1. 設楽佳世:新型コロナウイルス感染症の流行が短期大学生の生活習慣及び体力に及ぼす影響.埼玉女子短期大学研究紀要、第45号、9-19、2022
  • 2. 設楽佳世:アスリートの身体組成を評価するための形態指標.埼玉女子短期大学研究紀要、第44号、27-37、2021
  • 3.設楽佳世、鈴木久雄:体育実技科目のオンライン授業における運動プログラムの有用性.埼玉女子短期大学研究紀要、第43号、11-27、2021
  • 4. 鈴木久雄、小林雄志、太田暁美、高丸功、倉﨑信子、枝松千尋、管正樹、住本純、設楽佳世、安田智洋、野口京子、正美智子、野上玲子、松井弘志、武田紘平、宮崎正己、水上雅子、塩嶋理恵、中山恭一、秋原悠、小幡博基、伊藤武彦:コロナ禍における「岡大プログラム」の有効性.大学体育スポーツ学研究、第18号、49-55、2021
  • 5. 設楽佳世:埼玉女子短期大学における体育実技科目受講生の体力及びスポーツ技能の習得状況の実態.埼玉女子短期大学研究紀要、第42号、15-25、2020
  • 6. 袴田智子、谷中拓哉、山本真帆、設楽佳世:パラリンピックアスリートを対象としたフィットネスチェックの取り組みについて.Journal of High Performance Sport、5巻、12-22、2020
  • 7. 袴田智子、設楽佳世:特集【Kinanthropometry-アスリートの形態計測再考】光学式三次元人体計測器を使用した日本人トップアスリートおよびジュニアアスリートの形態的特徴について.バイオメカニクス研究、23巻1号、36-44、2019

[著書]
  • 独立行政法人日本スポーツ振興センター(監修)、ハイパフォーマンススポーツセンター(監修)、国立スポーツ科学センター(監修)、松林武生(編集):フィットネスチェックハンドブック―体力測定に基づいたアスリートへの科学的支援、袴田智子、設楽佳世:第4章 測定の種類と実施方法、1.身体組成・形態、3.形態、81-85(分担執筆)、大修館書店、2021

[学会発表]
  • 1. Aoyama T., Yago S., Okamitsu M., Taki A., Morio T., Tarui I., Shitara K., Imai C., Fudono A., Sato N., Miyasaka N., Takimoto H., HANDGRIP STRENGTH IN ONE-MONTH-OLD INFANTS: HOW STRONG ARE THEY?. Journal of Paediatrics and Child Health 56 (Suppl. 1) , 58, July 2020(学会中止、学会誌への抄録掲載のみ)
  • 2. 設楽佳世 、袴田智子.形態指標を用いたアスリートの身体組成の推定.第74回日本体力医学会大会、茨城、2019年9月
  • 3. Hakamada N., Shitara K., Kubo Y., Ishige Y., Body composition assessment in an athlete with a congenital limb deficiency. 9th VISTA Conference, Amsterdam, September 2019
最終学歴 早稲田大学大学院スポーツ科学研究科博士課程修了
博士(スポーツ科学)
所属学会
  • 日本体力医学会
  • 日本トレーニング科学会
ホームページ