トピックス

2018/07/09

ANA羽田空港の見学に行ってきました!

エアライン・ホスピタリティコースでは「エアラインビジネス」の一環で、
ANAの羽田空港オフィスと機体メンテナンスセンターでの学外授業を行いました。

羽田空港では、グランドスタッフやキャビンアテンダントの部署、航空機の運航全体をマネジネントしているセンター等に行き、各部署の機能について学びました。
また、空港ターミナルでは自動手荷物預り機やスィートラウンジについてもご説明を受けました。

 

羽田空港では、チームに分かれてテーマを作り、ロビー内自由研究も実施しました。
「海外のお客様へのご案内の工夫」「バリアフリー施設」「人気の空港土産」等、11チームが個性溢れるテーマに基づき探索をしました。考察結果は今後のエアラインビジネスや基礎ゼミの中でプレゼンテーションしていきます。

午後からは、全員でANA機体メンテナンスセンターへ移動しました。
ここでは、ANAが安全運航のために日夜行っている機体整備のことを中心として、実際に整備作業をしている現場で説明を受けました。
2020年のオリンピック特別ロゴの入ったボーイング(以下B)767やエンジン交換中のB787、そして主力機であるB777等、巨大な機体を間近で見学することが出来ました。
 

新人整備士の皆さんの訓練風景にも遭遇しましたが、女性教官の下、女性も含め大勢の黄色いヘルメットを被った新人の皆さんの真剣な眼差しが印象的でした。
安全運航を守る最前線での厳しさに触れて、教室では体感できないものを其々の学生が心に刻みました。

この新人整備士達が独り立ちをする頃、今回の学生達も就活を迎え、社会に出ていくことになります。
航空のことを学ぶなかで見聞する様々なことは、
どの分野に進もうとも、きっと学生達の財産になると思います。
「雲上快晴」雲の上はいつも青空。困難に立ち向かう時、航空人がよく心に唱える言葉です。
これから学生の航路にも多くの試練が待っていますが、いつか必ず「青空」が見えてきます✈️