トピックス

2016/12/06お知らせ

エアライン専門ゼミが社会人基礎力グランプリ 関東大会で準優秀賞を受賞しました。

「福島の花が教えてくれた復興支援の在り方と本当の笑顔とは何か」 エアライン専門ゼミが社会人基礎力グランプリ 関東大会で準優秀賞を受賞しました。

2016年12月4日(日)、拓殖大学で行われた「社会人基礎力グランプリ2017」関東大会にて、本学のエアライン専門ゼミの活動とプレゼンテーションが、上位6校に選ばれ、準優秀賞を受賞しました。
この大会は、社会人基礎力協議会主催  経済産業省共催で行われ、大学生がゼミ・研究室単位で、授業を通じてどれだけ社会人基礎力が伸びたかチームで発表し、その成長度合いを競う大会です。指導教員と学生が力を合わせて15分間のプレゼンテーションと5分間の質疑応答に挑むものです。

今年は関東地区は24校の出場があり、短期大学は本学ただ一校でした。
全国大会の覇者や、受賞の常連校、国公立大学も参加する中での発表は、
緊張と不安の連続でしたが、今年の専門ゼミの目的である「東北の花と笑顔を未来に繋ぐ」をテーマに、4月から取り組んできたことと、福島県でお世話になった方々の思いを、思い切り伝えてきました。
特に今年は、専門ゼミ開講後初めて、1年生も応援と勉強のために駆けつけてくれました。「未来へ繋ぐ」ということの確かな歩みの時間でした。
エアライン専門ゼミメンバー(春学期14名 / 秋学期9名)と、この活動に協力してくれたエアライン1年生、そして福島での研修でお世話になった皆様の思いを乗せて、これからも遥かな到着地へ向けてのフライトを続けていきます✈

【受賞校】
  ★優秀賞
     横浜市立大学/拓殖大学
  ★準優秀賞
     新潟大学
     創価大学 (2学部)
     埼玉女子短期大学