トピックス

2018/12/04

エアライン専門ゼミが「社会人基礎力グランプリ関東大会」に出場しました!

エアライン専門ゼミ14名は、12月2日(日) 拓殖大学(東京都文京区)で開催された2018年度社会人基礎力グランプリ関東大会に出場し、これまでゼミで培った力を発揮してプレゼンテーションに挑みました。

SAIJOの出場は今年で5回目となり、連続して出場している短期大学は本学だけです。準優秀や奨励賞にも選ばれてきた実績があります。

拓殖大学や創価大学など、全国大会で優勝している大学の学生の取り組みを知ることや、他の短期大学の学生と交流できることもこの大会の大きな財産です。

今年は「100年先も咲く花のために積み上げる階段」と題して、福島県西会津町の準絶滅危惧種「おとめゆり」の保護地への階段修復をテーマに発表を行いました。
経済産業省並びに文部科学省は、今年度から新社会人基礎力として新たな基準を適用し、人生100年時代を大学で何をどのように学び、活躍していくか、を問うものとなっています。

何かを体験する、何かを作る、それを販売や地域活性化に活かすことの先にあるビジョンがとても大切であることを
改めて学ぶことが出来ました。
出場した2年生の専門ゼミ生は勿論、来年の活動に繋げたいと思う1年生の応援団もかけつけ、4時間に渡る16校の発表を食い入るように参観しました。
惜しくも全国大会には進めませんでしたが、
来年の2月に控えた卒業研究発表への大きなステップとなりました

エアライン専門ゼミは、
この後、福島の花をテーマに製作した絵本「ダリちゃんとマリちゃん」を
日高市の高萩小学校、福島県塙町と西会津町の幼稚園、保育園で読み聞かせを致します。

これからも仲間と未来へ繋がる階段を一歩一歩登って行きます✈