教員紹介

設楽 佳世

<所属>商学科  <職名>講師(任期付き)

担当科目
  • スポーツ実習A
  • スポーツ実習B
  • スポーツ実習C
  • 健康と生活
  • 身体表現とコミュニケーション
  • 基礎ゼミⅠ
専門分野
  • スポーツ科学
  • 生体ダイナミクス
過去3年間の研究活動 [論文]
  • 1. 設楽佳世、勝亦陽一:特集【トップアスリートのための身体的条件】トップアスリートにおける形態及び身体組成の競技種目差.トレーニング科学、29巻4号、295-303、2018(査読無し)
  • 2. 勝亦陽一、設楽佳世、熊川大介、袴田智子、中里浩介、池田達昭、平野 裕一:日本人男性一流競技者における除脂肪量指数(FFMI)および脂肪量指数(FMI)の競技種目差.トレーニング科学、29巻4号、317-327、2018(査読有り)
  • 3. 設楽佳世、袴田智子、大西貴弘、池田 達昭:身体組成の評価方法間にみられる身体密度および体脂肪率の差の検討.体力科学、66巻5号、369-382、2017(査読有り)
  • 4. 設楽佳世、勝亦陽一、熊川大介、池田達昭、平野裕一:ジュニアアスリートにおける体幹筋断面積の年齢差および競技種目差:シニアアスリートとの比較から.体力科学、66巻1号、87-100、2017(査読有り)
  • 5. 勝亦陽一、設楽佳世、飯田悠佳子、鳥居俊、高井洋平、平野裕一:中学生期におけるトップ野球選手の成熟度.発育発達研究、第74号、14巻、26-33、2017(査読有り)
  • 6. 池田達昭、設楽佳世、平野裕一:五輪選手の身長および体肢長における競技特性と年齢別形態評価基準値の作成. Sports Science in Elite Athletes Support、8(2)、63-77、2016(査読有り)
  • 7. 設楽佳世、勝亦陽一、袴田智子、池田達昭、鈴木康弘、平野裕一:日本人一流競技選手における形態及び身体組成の競技種目特性.トレーニング科学、27巻1号、35-46、2016(査読有り)

[学会発表]
  • 1. 設楽佳世、袴田智子、大西貴弘、池田達昭.アスリートの身体組成を評価するための形態指標.第73回日本体力医学会大会、福井、2018年9月
  • 2. Ohta M, Midrikawa, T, Hikihara Y, Shitara, K, Torii, S, Sakamoto S. CAN 3DPS METHOD VALIDLY ESTIMATE %FAT OF CHILDREN ?.23th Annual Congress of the European College of Sport Science、Dublin、July 2018.
  • 3. 設楽佳世、山岸卓樹、永吉俊彦、堀内智貴、川上泰雄.日本人アスリートの体格・身体組成および体力の標準値の確立.ヒューマンパフォーマンス研究所第1回シンポジウム「身体能力開発学への挑戦」、東京、2018年2月
  • 4. 設楽佳世.ジュニアアスリートの体幹筋のトレーナビリティについて考える.日本発育発達学会 月例研究会、東京、2017年1月
  • 5. 岩沼聡一郎、設楽佳世、阿部平、飯塚哲司、大伴茉奈、鳥居俊.障害等級でみた知的障害者の移動能力および骨格筋量指数.日本介護福祉・健康づくり学会第4回大会、千葉、2016年11月
  • 6. 山本貴裕、後藤田中、石岡匠也、國枝孝之、村田淳、神代大輔、小林雄志、設楽佳世、松浦健二、八重樫理人、林敏浩、藤本憲市、村井礼.テスト結果に基づき多視点映像再生の注目視点の切り替えを動的に構成するフレームワークの提案.2016 電気関係学会四国支部連合大会、徳島、2016年9月
  • 7. 山本貴裕、後藤田中、石岡匠也、國枝孝之、村田淳、神代大輔、小林雄志、設楽佳世、松浦健二、八重樫理人、林敏浩.研修チェック項目を多視点動画収集・同期再生環境に連携させた振り返り支援システム.教育システム情報学会第41回全国大会、栃木、2016年8月
最終学歴 早稲田大学大学院スポーツ科学研究科博士課程修了
博士(スポーツ科学)
所属学会
  • 日本体力医学会
  • 日本トレーニング科学会
ホームページ